こんなことってあるんやね(^_^;) 

気が付けばもう10月です。しかももう半ば・・・。暑かった夏も終わって、日中はかなり過ごしやすくなりました。秋ですねぇ~( ´▽`)


さて、そんなお出かけにはちょうどいいこの時期、会社で慰安旅行に行った時のことです(・∀・)

観光バスで朝から缶ビール片手にお菓子をつまみながら、過去の慰安旅行の思い出やら、上司のことやら楽しく話しながら高速を順調に走っていると・・・

ピーー!!

突如車内に警告音が鳴り響きました。皆さんただ事では無いことを瞬時に感じ取ってシーンと静まり返る車内。程なくしてバスは路肩に緊急停車しました。

慌てて運転手さんが様子を見に行きます。多方センサーかなんかの誤作動かな??なんて軽く考えてました。すぐに運転手さんが戻ってきて、

「オーバーヒートの警告が鳴ったのですが、水は入ってます・・・」

と。

ちょっと話が外れますがよくテレビで、飛行機の中で急病人が出て、「どなたかこの中にお医者様はいらっしゃいませんか!?」ってあるじゃないですか。そんな感じで運転手さんにとっては、「どなたかこの中に整備士の方はいらっしゃいませんか!?」って感じだったかもしれないですが、幸いにも(?)今乗ってるのは、

ほぼみんな整備士(゚∀゚)

そんな訳で冗談半分、急遽お仕事。僕ではなく別の人が見に行ったところ、

「ベルトが切れてるね!こりゃダメだ」

どうもファンベルトが切れたらしいです。それでウォーターポンプが回らなくなり、オーバーヒート寸前だったようです。すぐにでも交換してあげたいですが、工具もなければ部品もない。こうなるといくら整備士でも無力です。仕方なく待つことになりました。

しかし皆さんのんきなものです。さすがと言うか何と言うか・・・。ファンベルトがどういうものか、それが切れたらどうなるか、皆わかってるので騒ぎません。「切れちゃったものはどうにもならん」と。もしこれが普通の一般の方だったらどうなってたのかな~っと考えてしまいましたよ。

急に警告音が鳴って、オーバーヒートかもしれない言われて、エンジンルーム見てもサッパリで、水が入ってるなら問題ないんじゃないの??、早く先に行こうぜ!・・・みたいな感じになってたのかな??

ちなみにバスは新しいセレガでした。そんなに距離も走ってないでしょうに。何で切れてしまったのか謎です。

その後はタクシーを呼んでとりあえず次の目的地に行きました。その間にバスは部品交換してたみたいです。出発時間になると、ベルトの切れたさっきのバスが待ってて、運転手さんが「ご迷惑をおかけしました・・・」という感じで苦笑いしてましたわ(^_^;)

しかし今回は笑い話で済みましたが、これが1分、1秒を争う場合だったらどうなるのか・・・。職場は違えど我々は整備士。ボルト1本、ナット1個、クリップ1個・・・。ほんの小さなミスがお客様にどれほど大きな影響を与えるか、身をもって再確認しました。

僕も何度か先輩に迷惑をかけたことがありますが、正直なところ、自分は何も出来ないんですよね・・・。誤ってくれるのは経験のある先輩。今回の件も、会社に無事帰ってくるとバス会社のお偉いさん、整備士のお偉いさんが待ってました。お客様だけではく会社にも迷惑をかけてるんですよね・・・。

旅行は楽しかったですが、身の引き締まる、気の引き締まる旅行になりました。
スポンサーサイト

2016/10/13 Thu. 23:19 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/978-a8d87b07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △