ミルフィーユ・・・ 

この土日、また実家に帰ってきてます。・・・けっしてホームシックではありませんのでご心配なく。部品が届いたので、この土日でセドのブレーキのフルオーバーホールします!じゃんじゃんやるよ!!(`・ω・´)

P1130289.jpg

さて、セドの整備です(・∀・)

とりあえずエンジン系から攻めていきます(`・ω・´)

まずは噴射ポンプのベルトを交換します。ここまでバラすのは以前グロリアでやったことがあるので、割とスムーズに作業できました。やっぱ一度やってると楽です。

ちなみに現在のセドの走行距離は約11万4千キロです。たぶんベルトは無交換と思われます。タイミングベルトは10万キロで交換なので、交換しないといけません。

ちなみにこのベルト、噴射ポンプの駆動用なのでもし切れたとしてもエンジンが壊れる心配はありません。切れたら燃料を吹けなくなって止まるだけです( ̄▽ ̄;)

そしてこのベルトはLD28、ディーゼルエンジン車独特のものです。ガソリン車に噴射ポンプなんてないですからね。ちなみにカムシャフトはチェーン駆動なので、問題ないです。

P1130332.jpg

ベルトは幸いにも新品部品が出たので、新品に交換しますヽ(´▽`)/

修理書に従い、噴射ポンプの合わせマーク、クランクプーリーの合わせマークにベルトの黄色い印を合わせ、ズレないように取付けます。

ちなみに本来ならベルトテンショナーのベアリング、ウォーターポンプもついでに交換します。10万キロでどちらもガタが出てきますからね。んが、今回はどちらもまだ使えそうなのでそのまま無交換でいきます(^_^;)

どちらも不具合が出たら多少は退避走行が可能ですが、ベルトに至っては切れた瞬間おじゃんですからね。

ベルトはひとまず終了~。

P1130297.jpg

次にマフラーの補修に取りかかります(・∀・)

現在のセドのマフラーは、

錆っ錆デス(´・ω・`)

そりゃーもう叩けばボロボロと錆が降ってくるぐらいに・・・。いつ穴があいてもおかしくない、と言うかこれ以上朽ちてほしくないので耐熱塗装で保護します。

P1130298.jpg

まずは、そのままでは塗れないのでエキマニを丸ごと取り外します(゚∀゚)

本来ならエキマニの真下で切り離すのですが、ボルトが錆びて取れそうにないのでサブタイコ?の後ろで切り離します。しかしこちらのボルトも同様に錆びて固着してましたので、グラインダーでボルトの頭を切り飛ばして外しました。

もう1箇所、メインタイコ?の後ろでも切り離さないとマフラーが外せません。どうにか外そうと引っ張るのですが微動だにせず(^_^;)

ハンマーで叩きながら556を吹きかけながら格闘してると・・・

ガンガン!!

・・・ミシ

ん??(´д`)

ミシ、ミシミシッ!!ガランッゴロンッ!!

・・・(゚д゚)マジで??

P1130299.jpg

振動に耐えれずマフラー折れました・・・(´;ω;`)

いやいや、叩いてたら折れるってどういうことよ!?しかも叩いてた別の場所から。どんだけもろいんや・・・。

P1130300.jpg

折れるわ、大穴あくわ、ペリペリ・ボロボロ剥けるわ、で散々な状態のマフラー・・・(´・ω・`)

こりゃもう補修するより交換した方がいいですね。

P1130301.jpg

てなわけでグロリアから拝借!

続きはまた次回!!(゚∀゚)
スポンサーサイト

2014/04/12 Sat. 00:49 [edit]

Category: 430 セドリック (サブ?)

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/829-9cf29fba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △