3年生、波乱の予感・・・ 

ご無沙汰しております( ̄▽ ̄;)。

プレテストも無事終わってちょっと心に余裕ができました。実習も始まりましたが、いや~厳しい。その一言につきますね(´・ω・`)。

実習のスタイルも現場風で、今まで先生が「これはこうして、あれはああして、ここに注意して、じゃあここまでやってみよう」てな感じでしたが、3年生からは「ここまで各自で考えてやって。はい、作業開始」てな感じです。まぁそれが当たり前なんですけどね。つい先日も、

先生「ATの点検するからATを暖気して」

と一言、指示されたのですが、これが出来ない。

生徒「ATの暖気・・・。エンジンを空ぶかしするのかな??」
 ↓
先生「エンジン暖気してどーすんの。ガソリンもったいないし、意味ねぇーぞー」

生徒「修理書に載ってるかな??」
 ↓
先生「皆、一生懸命修理書見てるけど、そんなの載ってないからね」

生徒「シフトレバーをP→L、L→Pを繰り返すか??」
 ↓
先生「AT内部の油路が切り替わるだけで全然暖気できてねぇし」

生徒「えーどうすんの・・・??」
 ↓
先生「ヘボ整備士~。2級皆持ってんでしょ~??はい、集合~」

・・・こんな感じですよ(´д`)。結局30分ぐらい経っても出来ず、見かねた先生が皆を集合させてやり方を教えてくれました・・・。いや~悔しいですね。そんなことも出来ない自分に腹が立ちましたよ。学科で習ってるのにそれが実習で生かせない、対応が出来ない、現場に出てたら先輩にど叱られてますよ。

そんなこんなで3年生の厳しさを垣間見ました。大変です。これからは自分で考えて、自分で行動しないといけません。就職した時、少しでも使えるように、少しでも動けるように、これから学んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

2013/04/26 Fri. 23:43 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 2

top △

この記事に対するコメント

ATの暖気ってどうやるんですか??
低速で転がすのでしょうか

もやし #vXeIqmFk | URL | 2013/04/29 23:14 * edit *

こんばんは。

ATの暖気は弱ストール数回繰り返します。

ストールと言うのは、サイドブレーキをかけ、フットブレーキを踏んだ状態で、Dレンジにし、アクセルを踏むことです。アクセルをフルスロットルで踏めばATのストールテストが出来ます。しかし暖気するだけなので、これの弱い版、アクセルを少し踏んだ、弱ストールでATを暖気するわけです。

暖気出来たかどうかは、ATのオイルクーラに伸びるパイプを手で触って確認します。

車太郎 #- | URL | 2013/05/02 02:26 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/720-3836718a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △