身動きが取れない・・・(笑) 

グロリアの部品の錆び取りが辛いです・・・。プーリ錆びまるけ、このゴツゴツお肌をスベスベにするのか・・・。お客さん、こりゃ無理でっせ(笑。

2011_0305_133756-P1040291.jpg

さて、ドデカイプーリを取るために、またスタータを外さなきゃならないグロリアさんです。そんなバナナ・・・(古い!)。

前回の続きでプーリの取り外しです。まずはあのぶっちょいボルトを緩めます。430グロリアに詳しい人に聞いてみたところ「スタータを外してリングギヤを固定して緩める」とアドバイスをいただいたので、まずはスタータをまた外します。再び錆びたギヤがお目見え。矢印の歯車がリングギヤです。ここにマイナスドライバーを突っ込んでギヤが回らないようにして、ボルトを緩めます。

2011_0305_133856-P1040276.jpg

父に手伝ってもらってグイッとすると・・・見事ボルトが緩みました!やっぱり結構固かったです。ボルトが取れたらいよいよプーリの取り外しです。

2011_0305_134920-P1040278.jpg

ここでプーリを取るには特殊工具の「プーリープーラ」を使うのですが、そんなの家に置いてないです・・・(汗。そこで代役!どこにでもある「バール」、で取ります。手でポロっと取れる車もいれば特殊工具じゃないと取れない車もいる・・・ならばもしかしたらバールでも取れるかもしれないと言う、なんとも変な思いつきです(笑。

邪道かもしれませんが家にゃこれしかない!ものは試しとバールでグリグリ、ハンマーでコンコン叩くと・・・取れちゃいましたよ(笑。しかも予想外の場所から。

2011_0305_135458-P1040279.jpg

前回、プーリ内部のボルトを取り外したのでそこからゴトッと取れました。結果的には、あのぶっちょいボルトは取らなくてもよかったみたいですね(汗。

早速、宝箱を開けるような気分でカバー、オープン!こんな中身になっております(笑。補機類の駆動はVベルトでしたがこれはより伝達するようにコグベルトになってますね。自転車にも使われてるベルトと同じです。

目的の噴射ポンプを取るためには、矢印のボルトを緩めてこの歯車を取らないといけないみたいですね。そんじゃ早速と緩めにかかったのはいいですが、これがまた固い!なかなかの強敵です。工具が負けてねじれるぐらい固いです。「まだまだ~!」と思いきって緩めたら「パキッ!」とか言ってなんとか緩みました・・・(汗。

2011_0305_150709-P1040292.jpg

さて、歯車も取っていよいよ噴射ポンプをエンジンから降ろします。ここまで長かったねぇ~。しかし!

身動きがとれません(汗。

上にも下にも出れません・・・。どないなっとんねん!下からはスタビライザーが邪魔で絶対無理なので上からですね。パワステの配管を外すのは嫌なので、配管は付けたままハウジングもろとも取り外して道をなんとか作りました。

2011_0305_151903-P1040281.jpg

やっとこさエンジンから降りました。これを取るだけにどれほど苦労したことか・・・。でも取れたはいいですが、問題はコントロールバルブの固着ですよ。これが直らないとアクセルが踏めません(汗。なんとしても直さないといけないのですが素人の自分がどこまでできるか・・・。

2011_0305_161751-P1040288.jpg

2011_0305_161806-P1040289.jpg

とりあえず周りを分解しながら、ふとコントロールバルブを引くと・・・

あれっ??動いた・・・なして??

2011_0305_161837-P1040290.jpg

どういうこと??自分でもわけがわかりませんでしたが、確認してみると固着していたのはコントロールバルブに連結されている、この部品でした。ポンプ内部の固着ではなかったみたいです。よかった~。この部品もパーツクリーナーや556を噴いたらスムーズに動くようになりました。これで問題のコントロールバルブの固着は解消です!

本当は内部も分解するつもりでしたが・・・例のごとくねじが固く締まっており(しかもマイナスのねじ)、無理そうなので下手に分解せずにそのまま、また取りつけることにしました。他の部分も問題なく動きますし。でも内部のいろいろな機構が正常に作動するかどうかはまったく分かりませんが・・・。

これですべて元通りに組んだらいよいよエンジン始動ですよ!さすがにかかりはしないと思いますが、セルを回せるだけでも嬉しいです。またセルが回らなかったりして・・・。
スポンサーサイト

2011/03/06 Sun. 23:55 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 4

top △

この記事に対するコメント

お疲れさまー☆
ポンプ内はディーゼルの燃料に入れる洗浄剤を入れて
浸け置きしたら内部洗浄になるのでは?

たのしみにしてます(笑)頑張ってください!

車弄れるスペースがあって羨ましいです(´ρ`)

車好きのアキ #- | URL | 2011/03/07 11:53 * edit *

たまたま通りがかった者です

噴射ポンプ取り外し前にタイミングマーク確認したかな?
ガソリン車で言うデスビと同じですがディーゼルにはタイミングライトが使えませんから・・・

虹星92 #CKyOUH4I | URL | 2011/03/07 22:34 * edit *

こんばんは。

車好きのアキ 様
それはいいかもしれないですね!アドバイスありがとうございます。考えておきます。

田舎なので周りは田んぼばっかりですからね・・・(笑。

車太郎 #- | URL | 2011/03/11 23:36 * edit *

こんばんは。

虹星92 様
あっ・・・(汗。やらかしました・・・。確認してないです・・・。ご指摘ありがとうございます。きちんと合わせて組みたいと思います。

カムシャフトならタイミング云々を注意していたと思いますが噴射ポンプまで頭が回りませんでした(汗。まだまだ勉強が足りないですね。

車太郎 #- | URL | 2011/03/11 23:42 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/517-4ff893a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △