分解・修理! 

今まで小春日和が続いていたせいか、ここ最近は雨の日が多く日が安定しませんね・・・。しかも昨日や今日は寒の戻りでかなり寒かったです。しかし近所の梅の花が咲いたり、草木の新芽が芽吹いたり、着実に春に近づいてるんですね。

P1000824.jpg

さて、いきなりですがこのテスト期間中に家の食器洗い乾燥機が壊れました・・・。

運転中に何処からともなく水漏れが起こり辺り一面水浸しとなってしまいました。しかしこれが初めてではなく以前にも2,3回このような故障が起きて、業者さんのお世話になっているんですよ。いつもなら修理に出すのですがその修理代もばかにならないので今回は母と協力して一度、自力で軽く分解・修理してみたのですが・・・結局直りませんでした(汗。

「もう手洗いでいいわ」と母が諦めたのでこの食洗機はわずか6年も満たないまま、お役ごめんとなってしまいました・・・。しかしそれはあまりにももったいないので「どうせ捨てちゃうんだったら僕がもっと詳しくみるわ」と言う事で自分でもっと詳しく奥まで分解・修理することにしました。

P1000823.jpg

まずは床が濡れても問題のない車庫に運び、ひっくり返して底のフタを取ります。するとごちゃごちゃした配線が出てきました。

P1000808.jpg

作業するのに邪魔なこの底ブタや基盤などは全て取ってしまいます。そのままにしておくと配線にストレスがかかって切れちゃうかもしれないですからね。沢山の配線が基盤に挿してあるのでその端子をブチブチ引っこ抜いていきます。しかしただ闇雲に引っこ抜くと今度組み立てる時に「この端子はどこに挿すんだっけ・・・」となるので必要に応じてデジカメで撮影して記録しておきます。

P1000835.jpg

この食洗機、裏側にご丁寧に配線図を書いたシールが貼ってありました。しかも配線の色まで書いてあります。この配線図を見る限り、水が止まらないということは白枠で囲った「溢水スイッチ」、「水位スイッチ」辺りが怪しいですね。で、見てみるとその「溢水スイッチ」は「給水弁」とつながっているみたいです。

P1000822.jpg

そこで探してみると・・・「給水弁」がありました!配線の色もピッタリです。その配線をたどっていくと食洗機の側面に続いてました。どうやらスイッチは側面にあるみたいです。

P1000813.jpg

外装をドア以外全て剥がされてスッポンポンの食洗機です(笑。スイッチは予想通り側面にありました。

p.jpg

そのスイッチを何気なく触ると・・・「ポコッ」っとスイッチのロッドが動きました。どうやらタンク内に溜まったヘドロで中に入ってる浮きが固着してたようです。ちなみに触る前はこの位置でロッドが止まってました。

P10.jpg

これが正常な状態。今は食洗機をひっくり返しているので重力によってロッドが下がらないといけません。普段は写真上側が食洗機の底にあたり、重力も逆さまになるので、いつもは一つ上の写真のようにロッドがスイッチを押してます。しかし何らかの原因で水が溜まるとタンク内に浮きが入っているので、それが浮かびロッドを押し上げてこの写真のようにスイッチが切れる仕組みになってるみたいです。よくできてますねぇ。

で、おそらくスイッチの上のタンクにヘドロがびっしり詰まってるはずです。写真からも見ての通り、明らかタンクが黒ずんでますね・・・。

P1000832.jpg

ジャンジャジャーン!と開けて見ると・・・思わず目を逸らしたくなるような光景が・・・。案の定、ゼリー状に変化したヘドロが張り付いてました・・・。これが水漏れの原因ですね。このヘドロのせいで浮きが固着し、通路が狭くなり、水が溢れたのでしょう。

しかしどうしてヘドロが溜まるのでしょうね??母によると以前、業者さんに言われて洗剤を変えたらヘドロが減ったそうです。機械が悪いのか、洗剤が悪いのか、使い方が悪いのか・・・。

P1000830.jpg

このヘドロ、しつこそうで案外ツルンッと落ちてくれました。ふやかした昆布のようでしたよ(笑。

P1000826.jpg

後は分解とは逆の手順でくみ上げていきます。途中まで簡単に組めたのですが、外装の一部を組むのに手間取りまして結構時間がかかりました。配線も元通りにつないで底ブタを閉めたら組み立ては終了です。ついでに外装が汚かったので磨いてみたら結構綺麗になりました。後は台所に運んで試運転をしたら作業完了です。

さっそく今日試運転をしてたところ、みごと直りました!バッチリです。修理代も浮きましたし、食洗機も捨てずに済みました。これで後数年は安泰ですね。まだまだ活躍してもらいます(笑。

学校から帰った後のわずかな時間でしたが2日で直すことができました。もともとこういう電化製品を分解したりいじったりするのが好きなので楽しかったです。もう水漏れの原因は何処が悪いか分かったので、またいつか壊れても直せそうですね。
スポンサーサイト

2010/03/10 Wed. 22:47 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 7

top △

この記事に対するコメント

車だけでなく、

家電も直すんですか。
またまた食器洗い機なんてマイナーな家電ですね。
確か、食器洗い機用の洗剤が値段は高いですが、あったはずです。家はそれを購入して使ってました。今は、手洗いですべてやってます。カップの汚れとか機械だと綺麗に落ちないんですよね。

話は変わりますが、家の車(ホンダ車)のBピラーの外側のプラスチックのカバーが浮いてしまいました。原因はカバーのつめが折れてBピラーに差し込めなくなったことです。すぐにディーラーに電話で問い合わせましたが、整備士の人もこのようなトラブルは扱ったことが無いらしく分かりませんでした。
購入からまだ1年半なのに外装のトラブルです。

CVT #pdYHrxBA | URL | 2010/03/11 16:09 * edit *

No title

壊れても自分で直せるっていいですね。自分はそういう機会があまり無いですが…

自分がやった事で今覚えてるのは、購入したRCトラックのトレーラーとの連結器が破損していたので、アロンアルファでくっつけて修理したのと、落ちたせいなのかラジオがガチャガチャ言うので、分解して取れた中の破片を取ったぐらいですかね(笑)

外装では無いですが、ちょっと前からうちのマーチちゃんのダッシュボードの助手席側の天板が浮いて来ました。時々後部座席のドアと内張の間のゴムがしぶとく外れて来るので、いっそのことゴムは外して軽量化しようかと思ってます(笑)

YF #4ZdLABB6 | URL | 2010/03/12 21:20 * edit *

No title

こんばんは。
YF様
マーチの内張りとドアの間のゴムはウェザーストリップではないでしょうか?
これは、隙間から水の浸入を防ぐ役割をしているので、外すと雨漏りの可能性があるので、外さないほうがいいと思います。

CVT #.VrHBirs | URL | 2010/03/13 23:27 * edit *

No title

>>CVTさん

そうなんですか!?Σ(・A・;)それは知りませんでした。ありがとうございます。アロンアルファで接着する事にします(笑)

YF #4ZdLABB6 | URL | 2010/03/14 00:47 * edit *

No title

こんばんは。
CVT様
家も食洗機用の洗剤を今では使っています。それでもご覧のように2,3年するとこのようにヘドロが溜まってしまいます・・・。確かにカップの汚れとかは落ちにくいですよね。家も妹が「底が汚~い!」とか「お茶碗にカピカピのご飯カスが着いてますけど・・・」なんてことがたまにあります(笑。
しかも乾燥機付きなのでもろいプラスチックのコップとかは熱によってヒビが入ってしまいます。

外装のトラブルですか。つめが折れてしまっては部品交換でしょうね。そのままほっておくと隙間に雨水とかゴミとかが詰まってさらなる問題を起こしそうですね・・・。

YF様
結構家ではモノが壊れるんですよね(汗。
この食洗機の他にも結構前からガスコンロが不調でして、ツマミをひねっても火花が飛ばないんですよね・・・。点火できないのでガスのみが出ている状態です(汗。なので普段はそのガスが出ている状態の時にチャッカマンで点火してました(笑。これは面倒な作業なので原因を調べてみたところ、点火プラグとコンロの距離が遠すぎて火花が飛ばない、飛べないことがわかりました。なので点火プラグの端子をペンチで少し曲げてコンロに近づけたら見事なおりました。他にはRCはボロボロなので修理の連続ですね(笑。

確かにゴムは外さない方がいいでしょうね。雨漏りして内装にシミでもできたら大変ですよ。それ以上に弱い天井部分のボデーが錆でやられそうです。アロンアルファよりゴムなどをつっくけることのできるボンドの方がいいと思いますよ。

車太郎 #- | URL | 2010/03/15 20:36 * edit *

我が家のホンダ車の

外装のトラブルですが、どうも知らない間にカバーに傷をつけていたらしく、だんだん変形して割れたようです。先週の土曜日にホンダに行って部品を頼んできました。ちょうど僕が洗車しているときに気づいてよかったです。
水が入り込むことはとりあえずないようです。
あとは、部品の入荷待ちで、3000円くらいだそうです。

CVT #KHpQs6j2 | URL | 2010/03/16 00:54 * edit *

No title

こんばんは。
部品を注文したんですね。なるべく早く届くといいですね。お値段3000円ぐらいですか。その部品の大きさにもよりますが結構値段がかかりますね。

車太郎 #- | URL | 2010/03/20 17:44 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/455-ba92cf2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △