あんた重たいよ・・・ 

最近急に暖かくなりましたね。外で運動すれば汗がでる程です。もう春の陽気ですね。しかしこの時期、辛い人もいるでしょう。花粉の季節がやってきました(汗。僕もその一人です。杉とヒノキなので5月まで続きます・・・。先はまだまだ長い・・・。

P1000757.jpg

さて2週間ぐらい前の話ですがグロリアのスタータを降ろしました。

まずは端子を外しま~す。そのために端子を守ってるカバーを取ります。が、劣化してるのかカチコチでなかなか取れない・・・。工具でグイグイ押してると仕舞いには変な部分から裂けてきたので、あまりこう言う事はしたくなかったのですがカッターで切開しました(汗。

で、無事に配線が取れました。とても狭いので思うように工具も使えず結構苦労しました・・・(汗。しかも腰が痛い・・・(笑。

配線が取れたらいよいよ本体とスタータを留めてるボルトを外して取り外します。ちょうどスタータの左にある真っ黒なボルトです。反対側にももう1本あります。

もう1本は車体下側にあるので車体下に潜らなければなりません。今まで木とブロックの貧弱な「うま」でしたが父の友達のご好意で立派なリジットラックを貸していただきました。なので安心して作業ができました。尺取虫のように車体下に潜り、上から落ちてくる砂が目に入り、涙を流しながら作業しました(笑。慣れない作業に足が攣りそうになりました・・・(汗。

P1000755.jpg

さぁいざ降ろそうとするとこのスタータかなり重い・・・。「あんた重たいよ・・・」なんて言いながら、よっこらしょっと降ろしました。すると錆びたリングギアがひょっこり顔を出しました。これはちょっと不味いね・・・。

P1000754.jpg

これが降ろしたスタータモータです。泥と油でベッタベタのコーティングがされています・・・(汗。かなりでかく、かなり重いです。ピニオンギアの周りは悲惨な状態で、白くなってます(これは何・・・??)。で、案の定錆でピニオンが固着してました・・・。ガッチリです(汗。しかもスタータを立てると中から水が!こりゃ中も悲惨な状態になってそうな予感が・・・。

P1000753.jpg

ちなみにこの前言ってた端子部分はこんな感じ。上の平べったいのがC端子。このスタータの電気の入り口です。その下のやけに綺麗なボルトはやつはB端子。電気の出口?、アースになる部分です。それとは対照的にサビサビのボルトのやつがM端子。スタータは大きく分けると2つに分かれます。その2つをつなぐ電気の架け橋みたいなものの入り口です。

とりあえずテスタを使って簡単な点検を。

P1000751.jpg

ホールディングコイルの点検~。

P1000752.jpg

プルインコイルの点検~。

車太郎・・・「先生!!どうですか!?」
医者?・・・「・・・誠に残念ですが、ご愁傷様です・・・」
車太郎・・・「そ、そんな~~!?」

テレビの見すぎですね(笑。
ちゃんと説明しますと、まず点検するためにM端子に繋がってる配線を外します。これで実質マグネットスイッチを単体にしたことになります。

で、上の写真のようにホールディングの点検ではC端子とボデーアースにテスタの棒をあてます。するとテスタの針が振れました!「導通あり」です。ちなみにホールディングコイルとは押し出されたピニオンギアをその名の通り、保持するコイルです。

お次はプルインですがこちらに問題が・・・。まずはC端子とM端子にテスタの棒をあてます。しかし針が振れません・・・。正常ならホールディングのように振れます。が、それが振れないので「導通なし」です。=どこかでコイルが断線してます・・・。ちなみにプルインコイルとはピニオンギヤを押し出すコイルです。

プルインコイルとホールディングコイル、この2人3脚でまずピニオンギアを押し出し、それを保持したら、また別にあるアーマチュアコイルとフィールドコイルによって勢いよく、力強く、ピニオンギアが回りだしてエンジンがかかります。

しかし1番初めの段階のプルインが壊れてたらそりゃエンジンもかからんわなぁ・・・。これからさらに分解して直せそうだったら修理することにします。
スポンサーサイト

2010/02/25 Thu. 20:56 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 3

top △

この記事に対するコメント

No title

はじめまして。しろがねといいます。
いつも見させてもらっていましたが、初めてコメントします。
まぁ元草ヒロですから、スターターは逝ってて当然だと思います。
電気系統が全て生き残っているのには驚きました。奇跡ですね。
スターターって、何か別の車のモノで流用できませんかね?
できるかどうかは知りませんが、
さすがに430のスターターの出物はなかなかないと思います。
でも修理できれば一番良いですね。頑張ってください!

しろがね #- | URL | 2010/02/27 12:19 * edit *

車のメカには詳しくないので

文章をよんでいてもさっぱりでしたが、コメントします(笑)
それにしても整備を自分でできる環境が整ってるのが、救いですね。
車って走らすことによって電気が内部を通り、錆を防止できるんですよね。だから旧車乗りの人は適度に動かすそうです。

430って部品はでるんでしょうか。
部品を買うにしても自費だと大変ですね。
学校で勉強してることを生かして大変ですが、一生懸命直して下さい。

それにしてもブログに430グロリアにレゴも・・・
集中力がすごいですね!!!

CVT #pdYHrxBA | URL | 2010/02/28 20:16 * edit *

No title

こんばんは。
しろがね様
初めまして。これからもよろしくお願いします。
コメントありがとうございます。とても嬉しいです。
確かに電気系統が生きてたのは奇跡ですね。僕もとても驚きました。
スターターの流用はちょっと厳しいですね・・・。取り付け面の構造が違うのであったとしても限られてくると思われます。学校の古い教材のスタータを探してみましたがどれも形状が違い、不可能でした。
しかし壊れているマグネットスイッチ部は多少の流用が効くと思うのでまた探して見ます。

CVT様
一応分かりやすいように説明したつもりだったのですがサッパリでしたか・・・。難しいですかね??
「環境」と言っても父がバイクをいじる時に使う工具が、多少あるくらいです。決して良いとは言えないです(汗。唯一の救いは広い作業場所くらいですかね。

430は部品があるんですかね??多少はあると思いますがまだ探したことが無いので詳しいことは分からないです・・・(汗。極力流用したり修理したりして安く済むようにしたいです。
学校で習った技術はとても役に立っています。この点検も習いました。グロリアをいじるようになってから授業に対する考えが変わったような気がします。話を聞きながら「これはグロリアに役立ちそう」とか「グロリアの中身もこうなってるのかな~」とかついつい考えてしまいます(笑。

正直もうもたないです・・・(笑。「二兎追うものは一兎も得ず」と言ったところですね・・・。他にも大会の学科の宿題が山ほどありまして、もうパンクしそうです(笑。何かに絞ろうかな・・・。

車太郎 #- | URL | 2010/02/28 22:21 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/452-24b70c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △