続、大阪編 

・車名 スーパードルフィン 蜂の巣グリル
・場所 大阪府

DSCN2244.jpg

許可?が出たので自分が気に入った車達をアップしていきます。

自分は全然気がつきませんでしたがS.T様が見つけて、行って見ると蜂さんドルフィンが3台もいました・・・。度肝を抜かれましたね。全体を写せなかったのが残念。だいぶ前に廃車になったようです。
スポンサーサイト

2008/12/15 Mon. 21:17 [edit]

Category: 日野

TB: 0  /  CM: 8

top △

この記事に対するコメント

No title

車検は平成10年で切れてるみたいですね。FWはこちらでは重機台車ばっかりで、こういう箱車は珍しいです。
手前はFW27なので、直6NAですが、真ん中のはFW28のターボ車っぽいですね。
こちらで見るスードルはFS66、FS63、FS60などV8でツーデフのモデルばっかりですので、直6モデルって言うだけでこちらでは珍しいです。

蟷螂 #- | URL | 2008/12/15 21:55 * edit *

この会社

おはようございます。

この会社は電材メーカーのほぼ専属なので、長尺の商品を運ぶことが多かったようです。それでこういう家具運搬に近いボデーらしいです。

最近はこの会社もこういうボデーではなく、ショートキャブの4軸が定番になっています。そういやこの会社にはレンジャー+5のオバケもありました。

西日本総合開発 #e9umdYSs | URL | 2008/12/16 10:27 * edit *

No title

こんばんは。
最近、蜂さんドルフィンを見る機会も減りました・・・。
そういえば昔、はたらく車の本でこんな形の箱をしたバイク運搬車を見たことがあります。今じゃぜんぜん見ないですけどね(汗。

思ったのですが、この形の箱だと速度表示灯が箱の方に付くんですね。しかも四角い。

車太郎 #- | URL | 2008/12/16 22:42 * edit *

そうです

こんにちは。

このようなキャブ上に加工したボデーの場合、速度灯をボデー側に付ける加工が多かったですよ。キャブをチルトする際にボデーの一部にぶつかる危険性がありますからね。

西日本総合開発 #e9umdYSs | URL | 2008/12/17 11:29 * edit *

No title

こんばんは。
そうなんですか。知りませんでした。

でもキャブとボデーの間がこんだけしか離れていないのにチルドなんて出来るんですか?
もしや開くようにするためにボデーが凹んでいるとか?

車太郎 #- | URL | 2008/12/17 20:46 * edit *

ルーフが

おはようございます。

こういうボデーはルーフ上部分の床板が外れたり、ルーフと一緒に稼動するようになっているので、一見無理そうでもチルトできます。

ルーフ後端を削っている代表格はキャリアカーですね。あれは思い切り加工されていますが、チルト以外の時でも作業に支障が出るのであんな加工が必要なんですよ。

西日本総合開発 #e9umdYSs | URL | 2008/12/18 08:41 * edit *

No title

こんばんは。
やっぱり何か工夫がされているんですね。チルト出来ないと整備も出来ないですからね。

そういやキャリアカーもそうでしたね。今度観察してみます。

車太郎 #- | URL | 2008/12/18 21:24 * edit *

先日は

こんばんは。

先日は朝から全開で急いでいたので新型の珍車のほうはスルーしましたが、あのトラックターミナルにあった重機屋さんの車庫にはクオンの2デフトラクタで、ルーフを大胆に削った車両が有りました。大型のクレーンを積むとルーフとの接触も起きるので、会社によってはそういうカットしたキャブを導入するようです。

以前に撮影してあるのでまた直接送りますね。

西日本総合開発 #e9umdYSs | URL | 2008/12/18 21:41 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/160-56b82326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △