FC2ブログ

青森旅行3日目 後半戦! 

4月になりました!桜も満開で季節は春なのに未だに冬の出来事を書いております( ̄▽ ̄;)

もう少々お付き合いくださいませm(_ _)m

DSC_0092.jpg

さて、前回の更新から日があいてしまいましたが、青森旅行3日目 後半戦です(・∀・)

絶好のボード日和で直ぐにでも八甲田山山頂に行きたかったですが、久しぶりのボード&慣れないパウダースノーなので、ちょっと下で肩慣らし(  ̄▽ ̄)

DSC_0099.jpg

昨日とは比べ物にならないぐらい穏やかな天気で風もなく、全然寒くありませんでした。しかし山頂は雲がかかってる様子・・・。まぁこればっかりは仕方ないですね。こうして滑れるだけラッキーです(´▽`)

DSC_0128.jpg

コースからは遠く青森市内までバッチリ眺める事が出来ました。

DSC_0122.jpg

前回も書きましたが、本当に樹氷が綺麗でした。自然が作った芸術ですね(・∀・)

DSC_0102.jpg

滑って見ると雪がサラサラでビックリしました!岐阜の方ではどうしても雪が湿気って重く感じるのですが、それが全くなくフカフカでしたΣ(゚д゚lll)

前日に雪が降ったこともあり、非圧雪コースでは30cm以上モサモサ積もっており、そこを波乗りのようにファーっと滑り降りるのはそれはもう楽しかったです。ただ僕のボード板はパウダー用ではないので、重心をちょっと後ろに傾けないとすぐ埋まってしまうので、ちょっと滑るのが大変でしたけどね・・・( ̄▽ ̄;)

P1070956.jpg

体が温まったところでいざロープウェイに乗って山頂へ(`・ω・´)

乗ってビックリ、外国の方ばかりでした。ここは日本か!?と思うほどいろんな国の言葉が飛び交ってましたよ( ̄▽ ̄;)

やはり山頂は雲がかかってるようで、全く先が見えません。麓の穏やかな天気とは一変して、寒く、別世界のようです。全てが雪で覆われ正に白一色。方向感覚、遠近感覚がマヒしそうです。

P1070961.jpg

コースも今までで行ったどのスキー場よりスパルタンで、これがコースなのか!?とビックリするような場所でしたヽ(´Д`;)ノ

全く前が見えない中、コースの目印のオレンジの棒を頼りに滑り降ります。棒以外にコースを区切るものはありません。樹氷の周りは風で雪が飛ぶので1m以上の穴があいてます。なかなかにスリリング・・・!

これ、ホントに一歩間違えると遭難します(((゜Д゜;)))

一回だけコースの棒を見失ってしまい、足元に誰かが滑った跡が残ってたのでこれをたどればいいや~と安易に考えて滑って行ったら、とんでもない場所を滑り出してエライ目に遭いました。結局ボードではムリだと判断して来た道を引き返したのですが、山の急斜面をボードを付けたままでは登れないので、ボードから足を外すと途端に膝までズボッと埋まってしまい、身動きが取れない状態に・・・。

何とか足を引っこ抜き、片手にボードを握り締め、這いつくばって急斜面を登りました。ほんの数メートルでしたが、息が上がりしばらくブッ倒れてました。本気でちょっとヤバかったです(´Д`;)

P1070962.jpg

視界が悪いのは山頂付近だけで、少し降れば視界も良くなりとても滑りやすかったです(・∀・)

コース横の林の中を木を避けながら滑るのがとても楽しかったですね!ただ雪がモサモサ積もってるので、一度ミスって止まってしまうと再スタートができないのが難点ですが・・・。

朝から昼休憩以外、ず~っと滑りっぱなしでパウダースノーを満喫することが出来ました。本当に波乗りしているかのように滑れてもの凄く楽しかったですが、同時にもの凄く疲れました・・・。雪山を歩いたせいで体力が・・・(; ̄д ̄)

DSC_0134.jpg

疲れを癒すのは温泉に限る!ってことで、八甲田山からさらに山奥にある酸ヶ湯温泉に行きましたヽ(´▽`)/

総ヒバ造りの「ヒバ千人風呂」が有名な立派な旅館でした。硫黄の匂いがキツイと聞いてましたが、草津で慣れているせいか僕はあまり気になりませんでしたね(  ̄▽ ̄)

体が温まったところで次の目的地に向けて出発!いよいよ青森ともお別れです。4日目は朝から蔵王温泉スキー場で滑る予定なので、一路山形を目指します。

しかし、ポカポカするとど~してもやってくるのが眠気・・・。ボードでヘトヘトに疲れているのも相まってヤバイ・・・!途中仮眠を取りながら走るも限界が・・・。少し長めに仮眠を取ろうと寝たが最後・・・そのまま起きることなく爆睡してしまいました( ̄▽ ̄;)

4日目に続きます( ´・ω・`)ノ~バイバイ
スポンサーサイト

2019/04/07 Sun. 01:16 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

トラックバック

トラックバックURL
→http://ysmr631.blog87.fc2.com/tb.php/1061-63c3c99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △