ソーラーラジコンカー パート3! 

このところ秋雨前線の影響でパッとしない天気ばかりですね・・・。涼しくていいのですが、もうちょっと晴れてくれないと稲刈りが出来ないんですよね。田んぼが乾かないとコンバインが埋まっちゃう(笑。さぁ困った困った。

2011_0806_130454-P1040985.jpg

さて、この記事でかなり引っ張ってしまいましたが今回でラストです。ネタが無いわけではなく、キャンプに行ったとか、グロリアいじったとか、いろいろ溜まってきてるので早いとこと出さないとそのまま埋まってきそうです(汗。

決勝戦は4台で走ります。時間も長くて7分間あります。7分もあればいろんなことが起きますよ。今回も一波乱ありました。では早速、今大会ブッチギリの1位だった車の紹介~!

2011_0806_130552-P1040984.jpg

1位はこの車です!
もう抜群の安定した速さ、理想のライン取りと言うことなしの安定した走りでした。さすがですね。是非ともその構造や制御方式が見てみたいところです。この学校、車の性能もさることながら、運転が抜群に上手いんですよ。コーナーも滑らか~に曲がっていきますからね。かなり練習してるんじゃないかと思います。いくら車が高性能でもそれを運転するドライバーが乗りこなせなかったらダメですからね。

2011_0806_131125-P1040981.jpg

2位はこの車です!
流れるようなボデーと赤いラインがカッコイイ車です。この学校、かなり本気でして、応援の先生や生徒さんが「照度20パー!!」とか「もっと攻めろぉ~!!」とか大声を出してました。そりゃもちろんどこも本気なんですけどね。こちらも安定した走りでした。

2011_0806_131108-P1040982.jpg

3位はこの車です!
なんとこの学校、初出場です(汗。初出場で3位入賞ってすごいですね。これにはさすがに本人達も驚いてるようでした。しかしレースが始まったすぐは4位だったのですが、何があるかわからないのがレースの面白いところでして、最後は3位でゴールしました。しっかしやっぱり地元石川勢は強いですね。

2011_0806_130831-P1040983.jpg

4位はこの車です!
スタートした時は2番手につけて走っていましたが、最後に一波乱ありました。生徒の自作ですからレース中になにがあるかわかりません。順調に走ってたのですが突然真ん中のソーラーパネルがめくれてしまい、スピードダウン。パネル1枚分発電出来ないのと、パネルを引きずる形となり、最後は動かなくなってしまいました。その間に後ろから2台が追い上げ、こういう順位になりました。ドライバーはかなり悔しかったのではないでしょうか。

こんな感じでいろんなことがあり、とても見どころのある大会でした。ただ見ているだけでも十分楽しめましたね。来年もできたら行きたいものです。皆様も近い方は是非行ってみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

2011/08/27 Sat. 01:13 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 2

top △

ソーラーラジコンカー パート2! 

最近は雨が降ってかなり涼しくなりましたね。天気は微妙ですが涼しくなったところで原付で旅行に行こうと思ってます(笑。2年前に単独500キロ自転車キャンプで走った道を今度は原付で走って振り返ろうかなと。今思うと、あんときは元気だったねぇ(笑。

2011_0805_132512-P1040918.jpg

さて、ソーラーラジコンカーと聞いたら「スピードは遅そうだし、曇りだったら走らないじゃん」と思うかもしれないですが、太陽がギンギラギンの快晴の時に走るとこれがめっちゃ速いんですよ。まだ運転に慣れていない1年生だとまずまともに運転できないですね。それくらい速いです。

そして驚くことなかれ、ソーラー発電オンリーですが曇りの日でもちゃんと走ります。ただし遅いですけどね。曇でも決して真っ暗ではないのでわずかな光量でも走ることができます。逆に言うと、曇でも走るマシンを作らないと上までいけません。強豪校は曇でも平気な顔して走ってますからね・・・。

それでは引き続きいろんな車を紹介~。

2011_0805_130404-P1040932.jpg

上記でも言ったように速度がかなり速いので空力も重要になってきます。このように流線型のボデーをまとっていたり、奥の車のように極力平べったくなってたり、空気抵抗を少しでも減らそうと皆工夫してます。

ちなみに手前の車は友達の高校の車でめちゃくちゃ精度がよかったです。精度がいいとその分損失が少ないので速さにつながります。現にここは速いです。

2011_0805_131406-P1040925.jpg

ボデーも極力軽い方がいいので発泡スチロールが多いです。造形も簡単ですし。極力パネルの下に電子機器をしまい、突起が少なくなるようにしています。スッキリしていてカッコイイですね。この薄いボデーの中に受信機やコンデンサーなどを収納しているなんて、うちにはマネできない技術ですね。

2011_0805_130424-P1040930.jpg

ボデーに発泡スチロールやアルミを使った車両も多い中、こちらは「バルサ」という木材を使ってボデーを作ってあります。バルサは軽いし加工もしやすく、なにかと便利なんですよ。ただ細いと折れやすいですけどね。しかしそのバルサにフィルムを貼ることで強度を増しています。この高校はとにかく車高が低く、カーブでは普通にボデーがすってましたね。

2011_0806_111605-P1040987.jpg

こちらは4輪の車です。4輪にすると3輪に比べて凄く安定します。しかしタイヤが一つ増える分重くなり、転がり抵抗も増えるという欠点もあります。しかしそんなことは関係ないと言わんばかりにこの車は激走してましたね(笑。その証拠に今大会2番手のベストラップをたたき出してます。速い速い。

2011_0805_104847-P1040939.jpg

ボデーがある車もあれば何もない車もあります。まさにパネルにタイヤがついただけ、電子機器も剥き出し状態です。実はこの車、うちの高校の車です(汗。しかも僕が高校時代に作った車です。なぜボデーがないのか、それは・・・軽くないと走らないからです!車体が軽ければ軽いほど速く、燃費がいいのは本物の車と同じで、それをソーラーラジコンカーで追求したらこんな車になりました(笑。重さにして280gぐらいです。軽くしたおかげもあって曇の日でも走ることができます。

他の高校だと多少重くても制御方式がハイテクなので曇でも走りますが、うちは制御方式が微妙なので車体を軽くすることで他校と頑張って戦ってます。しかし電子機器が剥き出しなのでクラッシュに弱いのが欠点ですが・・・(汗。

ちなみにうちの高校は今大会に3台出場しましたが、結果は準決勝敗退でした。ベスト8です。僕がいた頃に比べたらかなりの進歩ですね。万年3回戦敗退だったそうですから。来年は是非とも決勝戦まで進んでほしいですね!


次はその決勝戦の様子でも書きたいと思います~。

2011/08/20 Sat. 21:25 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 4

top △

ソーラーラジコンカー 

先日、団地の夏祭りがありました~。ビンゴ大会で珍しく当たったので「しょっしゃ!この大きいやつで!」と意気揚々と帰って開けてみると・・・なんと!タオルと2リットルのお茶2本でした・・・。「お茶かよ!!」ってお母さんと一緒に笑いましたよ~。拍子抜けもいいとこです(笑。欲張っちゃダメってことですね。

2011_0806_091332-P1040947.jpg

さて、8月の4~6日に石川県でソーラーラジコンカーコンテストが開催されたので行ってきました。高校時代にクラブで実際に参加していたこと、同じく高校時代に参加していた他県の友達の誘いもあって行ってきましたよ。結構距離がありますがカーナビを頼りに車で片道260kmの長旅でした~。しかもちょっとでも出費を抑えようと下道だし、車はMTだし(笑。途中道の駅で休憩しながら結局7~8時間ぐらいかかりましたね。

2011_0806_111338-P1040993.jpg

ソーラーラジコンカーコンテストとは文字通り、全国の高校生が大会規則に則り自分たちで自作したソーラー発電で走るラジコンカーで順位を競うものです。ルールは簡単で5分間の周回数を競い、上位2台が次に勝ち進めるというものです。たとえ2回戦までで敗退してしまっても敗者復活戦があり、本戦に復活もできます。その時は3分間の周回数で上位1台のみですがね。

ルールもちゃんとあって、車両は生徒の完全自作(既製品を所々に流用するのはアリですが)、車体の大きさ、ソーラーパネルは3枚まで、などなど厳しく決まっており、大会前には車検もあります。


この大会の面白いところは、勝負の駆け引きもありますが、なんと言ってもその車体ですね。生徒の完全自作なのでボデーやその構造など学校それぞれの独自でとても見ていて楽しく、「ほぉ~こんな機構もアリかぁ~」と感心することもあります。ではちょっとユニークだった車を紹介。

2011_0805_132426-P1040919.jpg

大きなタイヤが特徴のハマーに似た車です。大会に出ている車は多くが3輪タイプですがこちらは4輪で、いかにも「車」っぽくなってます。とても安定した走りで技術の高さを感じましたね。ボデーも凝っていてミラーや泥除けなどもバッチリついてます。縁石なんてなんのその、高い車高を生かして大胆に走ってました。こんなにゴツイのに結構速く走れるところがまた凄いです。

2011_0806_082331-P1040998.jpg

こちらはあのランボルギーニ・カウンタックに似た車です。誰が見てもカウンタックに見えるぐらいリアルに作ってあります。こっちは外側のタイヤはダミーで、ボデーの中に駆動用のタイヤが隠れてるみたいです。普通だと、軽ければ軽いだけ速いんですよ。言ってしまえばボデーはウエイトみたいなものです。そんなウエイトを積みながらも上の車同様、速く走ってたので驚きました。ちなみにフェラーリもいましたね。

2011_0805_104831-P1040940.jpg

陸上の車がいるなら、水上の船もいる・・・といことでまさかの空母もいました(笑。結構長いです。たぶん規格一杯の長さを使って作ってるんじゃないかと思います。こっちもまた凝っていて、ちゃんと戦闘機が飛んでるんですよね(笑。ゆっくりコース上を航行してました。

2011_0805_115357-P1040934.jpg

ルールさえ守れば何でもアリなのでこんなのもアリです(笑。車の上にドムが3体もポーズを決めて乗ってます(笑。さすがにこれだけ乗せていれば重いので遅かったですよ。これで逆にビュンビュン走られたら怖いです・・・。観客注目の的で、コースを走ればお客さんがカメラや携帯を構えてしきりに撮ってましたね。実況の人も「残り1分ですが、写真を撮るなら今のうちですよ~」と言ってましたし(笑。

十人十色、いろんな車あればいろんな走りもあり、いろんなドラマもあり、とても楽しい大会です。白熱しすぎて「潰せ~!引っかけろ~!事故れ~!」とかちょっと怖い時もありますが・・・。それだけ皆真剣なんですよ。もっと沢山いろんな車があるのでまた次回も紹介したいと思います。

今度は強豪校の車の登場です!

2011/08/14 Sun. 00:27 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 2

top △

スーパースポーツカー 

暑いです・・・。とにかく暑いです・・・。灼熱の太陽が来てしまいました。言わなきゃよかったね(笑。こんな暑い日にはプールかどっかに行きたい今日この頃です。皆様も熱中症には気をつけて下さいね。


さて、あれから1週間以上も開いてしまいましたが前回の記事でちょっと触れた、超がつくほど凄い車を紹介したいと思います!その車は・・・

レクサス LFA です!!

MA330099.jpg

おぉ~初めて見ました・・・。めっちゃカッコイイです!ヤバいです。

1日1台、職人の手で組み立てられ世界で限定500台、日本国内ではわずか165台が販売されたそうです。値段も凄くて1台、3750万円以上だそうです・・・(汗。土地付きで家が建てれちゃうよ!

MA330085.jpg

リアも個性的なデザインで、リアタイヤの後ろにラジエータとファンが取り付けられているのでメッシュ状になってます。メッシュ状の真ん中付近にある四角い穴はサイレンサーからの廃熱を放出する穴だそうです。他にも3本出しマフラーなどリアスタイルもカッコイイです。
MA330100.jpg

リアウィングは格納式になっていて、通常走行時だと80km以上で自動でせり出し、60km以下になると格納されるそうです。ちなみに今は格納された状態です。

MA330093.jpg

フロントから流れるようなデザインはまさにスーパーカーです。出る速度が桁違いに速いだけに空力も考えられてるんでしょうね。

ホイールは20インチ鍛造アルミホイールで、ちなみにスペアタイヤは載ってないそうです。

MA330087.jpg

Fシリーズの頂点に立つスーパーカーである「F」が輝くサイド。このドアミラーも、リアに置かれたラジエータに効率よく冷却風を導くべくこのような形になってるそうです。ドアノブもサイドには無く、ドア上の窪み?の所にあります。

MA330090.jpg

エンジンはV型10気筒エンジンが載ってます。0kmから100kmまで加速するまでわずか3.7秒!最高時速は325kmを超えるそうです(汗。すげぇ速い・・・。どこでそんなに速度出すのかねぇ。

実際にエンジンをかけて吹かしてくれましたが、わずか4000回転で「フォーン!フォン!フォン!」とヤバい音してました。友達とそろって「え!?4000回転しか回ってないのにそんな音なるの!?」と驚きましたよ(笑。

MA330083.jpg

ブレーキは「カーボンセラミックディスクブレーキ」で、ディスクはカーボンですよカーボン!こんな大きなディスクは初めて見ましたよ。こうなるとブレーキの冷却も大切で、アンダーカバーの下からや、バンパーの真ん中のエアインテークから冷却風を取り込んでるそうです。

MA330088.jpg

いろいろ映りこんじゃってますが、内装も凄かったです。内装や外装、至る所にカーボンが使われ豪華そのものです。

メーターも特徴的で液晶画面のメーターになってます。しかもメーターにリングが付いていて中にタコメータがあるデザインなのですが、それがタコメーターごと左右に移動するんですよ。動いた時はビックリしました(汗。液晶だからできることですね。アナログ風に作られていますが、先生に聞いた話だと、あまりに速い針の動きに普通のアナログメータだと針がついていけなかったそうです。どんだけ速いねん!

貴重な車を見れて本当によかったですね。実際にエンジン音も聞けて、シートにも座らせてもらって、感激でした。シートに座る時は友達全員車に乗るだけなのに「し、失礼します・・・」と言って座ってました(笑。いや~あれは言わずにはいられないですよ(笑。

MA330095.jpg

こんどは公道で走ってる所を是非みてみたいですね!

2011/08/10 Wed. 23:39 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 2

top △

夏休みだ~ 

早いものでもう8月です。暑い・・・いや、8月にしてはなんか最近涼しい陽気です(汗。この所天気が微妙で、今朝なんか寒さで目が覚めて薄いタオルケットで丸まってまた寝ました(笑。灼熱の太陽カモーン!とまでは言いませんが、もうちょっといい日になってほしいところです。


さて、世間一般?には夏休みに入ってちょっと経ったところだと思いますが、僕の通う学校は先週の7月28日に学校が終わり、やっと夏休みに入りました。しかも2学期が始まるのは8月31日です。超~中途半端です(笑。どうせなら9月1日にしてくれればいいのに・・・ブーブー。

ちなみに夏休みのような長期休みは、「早く出てってね~」と寮を追い出されて地元に帰らないといけないんですよ(汗。お風呂や食事の関係で仕方のないことなんですけどね。なので、用のない寮生はその日、28日のうちに出ていかないといけません。僕は課外授業の関係で29日まで残りましたけどね。けっして「補習」というわけではなく、「オーディオ脱着」の課外授業があったので面白そうだったので受けてきたんですよ。将来、自分がするかもしれないので、とてもタメになって楽しかったです。

それに30日からの体験入学の関係でなんと!あの「超」がつくほどの凄い車が来てたんですよ!いや~いいもん見れました(笑。何が来たのかはまた次の機会にでもご紹介しますね。

課外授業が終わったら僕も帰らないといけないのですが、普通に電車で・・・ノンノン、せっかくなのでチャリで帰りましたよ(笑。「せっかくってどゆことやねん!」てツッコミはなしでお願いします(笑。寮管に「チャリで帰ります」と言ったら、「バカじゃないの!?」と予想通りの反応をいただきました。でも昼間にチャリで帰ったら熱中症になりかねないので、夜に帰ることにしました。

寮の門限ギリギリの23時に出発し、シャカシャカこいで桑名駅周辺に着いたのが夜中の1時。以前、家からここまでは来たことがあってその時は桑名駅まで7時間かかりました。単純に計算しても家に着くのは朝の8時です(笑。先は長いね~。でも夜中はいいですね!まず涼しい。27度ぐらいで快適でした。そして車が少ない。まぁ夜中なので当たり前ですが。なので普通に国道なのに車道を走っても平気で、すごく走りやすかったです。

でもまぁやっぱり眠くなるのが人間でして、途中休憩にファミマの車止めに座って休憩してたらちょっと寝てました(笑。一晩中チャリをこぎ続けていると、ふと東の空が薄っすら白んできて、気がつけば朝の5時になってました。本当は朝日を拝みたかったのですが、予定より大幅に早く、6時前に家に着きました。2時間も早い!

いつもとは違った時間帯に走って楽しかったですが、その日、昼過ぎまで爆睡していたのは言うまでもありません(笑。皆さんも夏休み楽しんでくださいね。

2011/08/02 Tue. 21:43 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 3

top △