祝 17歳!! 

今、南米チリの方では大変なことになってるみたいですね・・・。マグニチュード8.8って凄まじい規模の地震です。その影響で今日は「日本に津波がやってくる!!」と言う事でテレビではどこも警報の情報を流して、なんだかものものしい雰囲気でした。

最近、ハイチでも大地震があったばかりなので「これに便乗して~」みたいな?感じで東海・東南海地震も起きそうで恐ろしいです。もしそれが起きたら三重県は壊滅ですね・・・。

暗~い話ばっかりだと雰囲気も暗くなってしまうのでここで明るい話でも。

明日、3月1日は僕の通う学校の卒業式です。ついに3年生の先輩方ともお別れです。一緒にクラブで活動した先輩方、大会優勝を目指して一緒に頑張った先輩方・・・寂しくなりますねぇ。卒業後もさらに活躍してくれることを願っています。

で、前置きが長くなってしまいましたがここからが本題。

現在テスト期間の真っ最中です。来週、火曜日からテストが始まります。今回「も」ですが必死こいて勉強しないと無理なので、今日から1週間ほどブログの更新を休止します。学生のこれが本業なのでご理解していただけるとありがたいです。

こんな忙しい時ですが今日、2月28日は僕の誕生日で~す!!やっと17歳になりました。17歳と言ってもそんな急に変わることはないですけどね(笑。しかしこの時期は毎回毎回テストと被るのでゆっくりできないです。今日も朝から英語のワークをやってました・・・(涙。誕生日ぐらいゴロゴロしたい~!!(笑。

それでは1週間後にまた会いましょう!では!
スポンサーサイト

2010/02/28 Sun. 22:50 [edit]

Category: お知らせ

TB: 0  /  CM: 0

top △

あんた重たいよ・・・ 

最近急に暖かくなりましたね。外で運動すれば汗がでる程です。もう春の陽気ですね。しかしこの時期、辛い人もいるでしょう。花粉の季節がやってきました(汗。僕もその一人です。杉とヒノキなので5月まで続きます・・・。先はまだまだ長い・・・。

P1000757.jpg

さて2週間ぐらい前の話ですがグロリアのスタータを降ろしました。

まずは端子を外しま~す。そのために端子を守ってるカバーを取ります。が、劣化してるのかカチコチでなかなか取れない・・・。工具でグイグイ押してると仕舞いには変な部分から裂けてきたので、あまりこう言う事はしたくなかったのですがカッターで切開しました(汗。

で、無事に配線が取れました。とても狭いので思うように工具も使えず結構苦労しました・・・(汗。しかも腰が痛い・・・(笑。

配線が取れたらいよいよ本体とスタータを留めてるボルトを外して取り外します。ちょうどスタータの左にある真っ黒なボルトです。反対側にももう1本あります。

もう1本は車体下側にあるので車体下に潜らなければなりません。今まで木とブロックの貧弱な「うま」でしたが父の友達のご好意で立派なリジットラックを貸していただきました。なので安心して作業ができました。尺取虫のように車体下に潜り、上から落ちてくる砂が目に入り、涙を流しながら作業しました(笑。慣れない作業に足が攣りそうになりました・・・(汗。

P1000755.jpg

さぁいざ降ろそうとするとこのスタータかなり重い・・・。「あんた重たいよ・・・」なんて言いながら、よっこらしょっと降ろしました。すると錆びたリングギアがひょっこり顔を出しました。これはちょっと不味いね・・・。

P1000754.jpg

これが降ろしたスタータモータです。泥と油でベッタベタのコーティングがされています・・・(汗。かなりでかく、かなり重いです。ピニオンギアの周りは悲惨な状態で、白くなってます(これは何・・・??)。で、案の定錆でピニオンが固着してました・・・。ガッチリです(汗。しかもスタータを立てると中から水が!こりゃ中も悲惨な状態になってそうな予感が・・・。

P1000753.jpg

ちなみにこの前言ってた端子部分はこんな感じ。上の平べったいのがC端子。このスタータの電気の入り口です。その下のやけに綺麗なボルトはやつはB端子。電気の出口?、アースになる部分です。それとは対照的にサビサビのボルトのやつがM端子。スタータは大きく分けると2つに分かれます。その2つをつなぐ電気の架け橋みたいなものの入り口です。

とりあえずテスタを使って簡単な点検を。

P1000751.jpg

ホールディングコイルの点検~。

P1000752.jpg

プルインコイルの点検~。

車太郎・・・「先生!!どうですか!?」
医者?・・・「・・・誠に残念ですが、ご愁傷様です・・・」
車太郎・・・「そ、そんな~~!?」

テレビの見すぎですね(笑。
ちゃんと説明しますと、まず点検するためにM端子に繋がってる配線を外します。これで実質マグネットスイッチを単体にしたことになります。

で、上の写真のようにホールディングの点検ではC端子とボデーアースにテスタの棒をあてます。するとテスタの針が振れました!「導通あり」です。ちなみにホールディングコイルとは押し出されたピニオンギアをその名の通り、保持するコイルです。

お次はプルインですがこちらに問題が・・・。まずはC端子とM端子にテスタの棒をあてます。しかし針が振れません・・・。正常ならホールディングのように振れます。が、それが振れないので「導通なし」です。=どこかでコイルが断線してます・・・。ちなみにプルインコイルとはピニオンギヤを押し出すコイルです。

プルインコイルとホールディングコイル、この2人3脚でまずピニオンギアを押し出し、それを保持したら、また別にあるアーマチュアコイルとフィールドコイルによって勢いよく、力強く、ピニオンギアが回りだしてエンジンがかかります。

しかし1番初めの段階のプルインが壊れてたらそりゃエンジンもかからんわなぁ・・・。これからさらに分解して直せそうだったら修理することにします。

2010/02/25 Thu. 20:56 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 3

top △

今月の1台 

以前、「なのはの映画を見に行きたい」と言いましたが現在ハルヒも上映してますね。実は昨日、妹が母と名古屋まで見に行きまして、「名古屋まで見に行ったかいがあった」と思うほど内容としては良かったそうです。僕の友人も何人か見に行ったらしいのですが「とても良かった」と言ってました。そんなに良い映画なら僕も見てみたいですが三重県じゃ上映してる映画館は無いんですよね・・・(汗。なので名古屋まで電車で行かなくてはいけません・・・。こう言う時、田舎は損ですねぇ(笑。

さて、なんとかテスト期間に入る前に「今月の1台」が完成しました!間に合ってよかった~。完成してないと気になって気になって勉強が手につかないですからね(笑。

P1000796.jpg

今回は、「なんか作ってたら最終的にこんなんになっちゃったよ!」って感じです・・・。ベースの車種を聞いて「お~お~そう言われると何か似てる」と思っていただけたら幸いです。
今回作った車種はマツダの3代目タイタンワイドⅠ型の散水車です!え?見えない??ノーマルバンパーだとまだそれっぽく見えたのですがバンパーを前に出したら「・・・」です(汗。そう言えば、Ⅰ型にワイドタイプが存在したのか否か疑問が残りますが・・・。
今回はまず初めに「ダブルキャブのトラックを作ってみたい」と思い、「テールの形状がタイタンに似てる!?」と言う事でタイタンに決め、標準幅で作っていたのですが出来てみると「ワイドの方がバランスがいい」と言う事でワイドに変更、初期設定は荷台は無難に平だったのですが、ふとある部品を付けてみると「これ、散水車でいけるんじゃね??」と思い、作り出したら「これも付けたらもっとリアルになるかも」とか「お!これ意外に似合う!」と言う事でホイホイアイデアが浮かび最終的にこうなっちゃいました(笑。
フロントパネルの赤い部分は「TITAN」のエンブレムのつもりです(汗。

P1000795.jpg

リアはこんな感じです。ワイド設定なので反射板もつけました。荷台には小さな水を入れるためのタンクと小さな荷室を設けました。正直な話、荷台の機械などは全て自分の創造で作ったので実車と違う点が多数あるかもしれませんがご了承下さい。他にも道路公団の車両を意識し、荷台には白いラインも入れてみました。タイタンのテールってこんな風にスジが入ってましたよね。

P1000794.jpg

少し上から。回転灯も再現しました。回転灯の後の赤いモノは消火器です。こう見るとバンパーが前に出ていることがよくわかりますね。見難いですがこのバンパーの間にノズルなどの機械が納まっています。

P1000761.jpg

助手席側から。タンクにはメーターやレバーも付けてみました。キャブとの間にはホースも伸びています。メーターの下には水の給水口と排出口を設け、横の黄色いモノはそのコックのつもりです。

P1000760.jpg

運転席側から。トラックのマフラーとは別に、積んでる機械のマフラーも再現しました。それがそのキャブとの間にある棒みたいなやつですね。

P1000793.jpg

下から。毎回一緒ですが今回は散水車と言う事でフロントには水を出すノズルなどがついてます。

P1000788.jpg

ダブルキャブですがちゃんと全てのドアが開くようにしました。左にもちゃんとハンドルをつけました。散水車は左にハンドルは無かったかな??

P1000789.jpg

他にもこんな仕掛けが。折りたたみのノズル?です。普段の走行時は邪魔なので折りたたんでますが、作業をするときは・・・

P1000790.jpg

こんな感じに開きます。ふと思いついたので作ってみました(分かりやすいようにバンパーは取ってあります)。

P1000775.jpg

最後はやっぱりプチジオラマで(笑。
赤帽君と黒帽君が何か話してます。

黒帽君・・・「社長、またマニアックなトラック買いましたね・・・」
赤帽君・・・「安かったし、場内も綺麗に出来るからね」
黒帽君・・・「でもこれ散水車だから水を撒くだけですよ?」
赤帽君・・・「えぇ!?嘘~ん」

P1000787.jpg

赤帽君・・・「まぁいいや、ここに蛇口があるからタンクに水を足しといて」
黒帽君・・・「いつのまにこんな所に・・・」
赤帽君・・・「ウフフ・・・内緒!あ、こっちの赤いコックの方ね」
黒帽君・・・「(社長はオネェだったのか!?)心の声(笑)」

P1000779.jpg

黒帽君・・・「ホースをつないでコックをひねってスイッチON!」
しばらくのち・・・

P1000786.jpg

黒帽君・・・「社長!水補充しときました。ついでに今度の現場の視察に行ってきま~す」
赤帽君・・・「じゃあ俺もちょっと用事があるから一緒に行くよ」

P1000785.jpg

黒帽君・・・「じゃ出発!」
グラサン君・・・「ちょいちょいちょ~い!僕を忘れちゃ困るよ~。あ痛いっ!」
黒帽君・・・「かまわず出発!」
グラサン君・・・「て、こら~!人がコケてるのに見捨てるな~!」

P1000784.jpg

グラサン君・・・「せっかくのダブルキャブなんだし僕も乗せてって。よっこらしょっと。で、何処行くの??」
黒帽君・・・「って、知らんのかい!」
赤帽君・・・「どうもありがとうございました~(笑)」
黒帽君・・・「漫才じゃな~い!」   ・・・end

長文になってしまいすいません(汗。

2010/02/21 Sun. 20:18 [edit]

Category: レゴ

TB: 0  /  CM: 4

top △

うちと豪い違い・・・ 

最近やりたいことが多くて困っています・・・(汗。「今月の1台」の製作、このブログの更新、メールの返信、痛プラモ作り、RC、ボーイスカウトのレポート、学校のレポート、ものコンの宿題、などなどいくら時間があっても足りませんわ・・・。毎日レポートしてたら1日が終わってしまいます。しかも、もうすぐそこに期末試験が迫ってきています・・・。もっと時間が欲しい~!

心の叫びは置いといて・・・先日の火曜日に学校の授業の一環として工場見学+専門学校見学に行ってきました。

朝8時10分に学校に集合してバスに揺られてやっと到着したのは、三重県は桑名市にあるトヨタ車体です!

トヨタと言えば最近はプリウスなどのリコール問題がありましたが工場内は大型トラックがひっきりなしに往来し、外には出荷待ちの車が並び、生産ラインもフル稼働しており、とても活気がありました。まぁ造っていたのはハイエースやヴェルファイアなどのリコールの対象外の車種ですからね。

工場内を見せていただきましたがとても広かったです・・・。機械もロボットが多く、コンピューター制御された無人で動く機械も多数ありました。ただの1枚のなんの変哲も無い鉄板がプレスされ、溶接され、塗装され、エンジンなどを載せてだんだん車になっていく姿をみてちょっと感動しました。

ラインではヴェルファイアが生産されていましたが検査ラインには珍しい欧州ハイエースもいました。ハイエースの輸出仕様だそうです。顔はグランドハイエースに似てました。とてもレアな車をみれて良かったです。

今までラインでの仕事は「同じことの繰り返しばかりでつまらなそうだなぁ」と思っていましたが今回の見学で見方が変わりました。流れてくる車は同じように見えてもお客様の要望にお答えするために1台1台違います。働いている人は皆真剣で、とても丁寧で、「ミスをしない」という責任感が伝わってきました。とてもカッコよく見えましたよ。「ラインの仕事を甘くみちゃいかんな」と感じました。

で、お次はまたバスで高速を走りまして愛知県は名古屋にあるトヨタ名古屋自動車大学校です!

流石トヨタ!建物がデカイですわ~(笑。設備も充実、教材も充実、実習車もなんと300台!と凄かったです・・・。室内に実習車がズラッと並び、まるでどっかの駐車場のようでした。その実習車もほとんど新しい車ばかりで新型プリウスを初めとするハイブリッドカーも数台ありました。案内の方曰く、「今後に備えてさらに増やしていきたい」そうです。僕の通う学校にも実習車が約30台ぐらいいますが一桁違いますね・・・。しかもほとんど動かんし、平均年齢も高いし・・・。

ベンチエンジンも沢山ありました。それを使って故障診断をするそうです。流石自動車整備士1級と言ったところですね。3級の僕の学校ではそこまではしません。ベンチエンジンも8台ぐらいありますが先日そのエンジンをよく見てみるとその中の1台に「1990年」のステッカーが貼ってありました・・・。エンジンがかかるのもありますが、直列6気筒ガソリンエンジンなのでエンジン音はかなり良いですよ。

エンジンの分解組み立ての作業も実際に動くベンチエンジンを分解組み立てをして、ちゃんと動くかどうかまた動かしてみるんだそうです。案内の人が言っていましたが学校を選ぶときはこの作業も学校選びの参考にすると良いそうです。学校によっては組み立てた後に動かさない所もあるそうです。そういう所よりはこのように実際に動かした方が良いそうです。
僕の学校では元から動かないエンジンを使って実習をしています(汗。キャブレターのついた古いトヨタのM型エンジンやダットサンのエンジン、古そうなディーゼルエンジンなどです。何十年に渡り代々受け継がれているのでボルトが無かったり、ねじ切っていたり、割れてたり、散々ですが今年も使われて大いに役に立っています。

見学してみてやはりその勉強内容は1級を取るだけあってかなりハイレベルでした。僕の学校とは比べ物にならないです。自動車をさらに詳しく、より深く、知ることが出来ると思いました。

来年はいよいよ僕も3年生で進路を決めなくてはいけません。まだ進学するか就職するか迷ってるんですよね・・・。早く決めねば・・・。今回はとても参考になりました。

2010/02/18 Thu. 23:03 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 2

top △

ついに始まりました! 

ついにバンクーバーオリンピックが開幕しましたね!開会式の様子を少しテレビで見ましたが綺麗でした~。やっぱり聖火がともされる瞬間は緊張しますね。そりゃ日本の選手を応援しますが、選手の皆さん全員が自分の実力を出し切って頑張ってほしいと思います。

P1000734.jpg

サルの浅知恵みたいなもんですが、ひとまずスターターにキチンと電圧がきてるかどうか調べました。

エンジンとミッションの間を探してみると・・・ありました!埃や油なんかで真っ黒ですがスタータ発見!いろんなものに囲まれてほとんど見えないけどね・・・。

P1000741.jpg

ちなみにこのスタータは形からしてリダクション式スタータだと思うのでおそらく中身はこんな感じ。もしかすると直結式かもしれませんが。(社団法人 日本自動車整備振興会連合会 出版 三級自動車ガソリン・エンジン より)

セルを回すと電気が流れてマグネットスイッチが矢印の向きに作動します。するとシフトレバーも矢印の向きに引っ張られ、支点によってシーソーのようにピニオンを押し出します。恐らくここら辺が固着してるためにスタータが動かないのだと思います。イコール取り外して分解洗浄ですね。

P1000733.jpg

スタータにはC端子、B端子、M端子があるのですがそのC端子とバッテリのマイナスをつないで電圧を測定します。C端子は電圧の入り口ですね。
幸いにもC端子は上の方についていたのでコネクターを取り外して、そのコネクターにお手製テスタ(学校で実習の一環で作りました)のプラスの棒を突っ込んで、もう片方のマイナスはアースとしてバッテリのマイナス端子に挟んで、父にセルを回してもらい測定しました。

すると針が振れました!ちゃんと電圧は来てるようです。初めは10ボルトぐらい来てたのですがしばらくするとセルを回すたびに「ガチガチガチ・・・!」と凄い音がして、とたんに電圧が4ボルトまで落ちました・・・(汗。

P1000735.jpg

右フロントフェンダー辺りから音がするので見てみるとこのリレー?のようなものが作動してました。音の正体はこいつです。「こりゃなんじゃい??」初めてみるリレー?ですね。見たところ、他のリレーとはただならぬ雰囲気を感じます。配線太いし、ちゃんと覆ってあるし、片方はバッテリーにもつながってるし・・・。

推測ですがこのリレー?はスタータに異常な電圧がかかると作動するのかもしれませんね。回らないスタータに10ボルトもの電圧を掛け続けると仕舞いには焼けてしまいます。なのでそうならないように電圧を逃がしてるのかもしれません。あくまで推測ですけどね(汗。また調べてみます。

※この物体の正体はやはりスタータリレーだそうです。「異常な時」では無く、「セルを回すと作動する」そうです。作動音がなるのは正常ですが、その音が凄まじい音だったのでこれは異常です。また点検してみます。ご指摘していただきありがとうございました。

P1000740.jpg

ちなみに先ほどの測定した回路がこれです。こんな感じにテスタをつなぎました。マイナスの方のアースが2個つながったような記号はバッテリの記号です。(社団法人 日本自動車整備振興会連合会 出版 三級自動車ガソリン・エンジン より)

今度はスタータを取り外してみたいと思います。

2010/02/13 Sat. 23:57 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 2

top △

お掃除 

先週の寒波が過ぎ去ったと思ったらとたんに暖かくなりました・・・。さてこのまま暖かくなるのか??それともまた寒くなるのか??どっちにしろ気温の変化が激しいので体調管理には気をつけないといけないですね。

先週の土日、あまりに汚かったグロリアを綺麗に?掃除しました。しつこい汚れや取れない汚れもありましたが結構綺麗になりました。

P1000711.jpg

「とりあえず外見から」と言う事で雑巾でこびりついた泥を落としました。水でバシャーッとすると足場がグチャグチャになるので雑巾でフキフキしました(笑。ルーフ周りは拭くと塗装が剥げてるのか雑巾がボデーカラーに変わりました・・・(汗。

それでこんな感じ。右半分を綺麗にしてみました。フロントガラス、ボンネットを見ていただくとよく分かると思います。フロントガラスは泥がこびりついていたので綺麗にするのに苦労しました。

P1000722.jpg

全体が綺麗になりました!ほとんどつや消し状態です。しかし綺麗にした晩、強風でブルーシートが飛んだらしく次の日、雪が積もって若干また汚くなったのは内緒です(涙。

P1000705.jpg

お次は内装を綺麗にします。
インパネはご覧の通り、ダッシュボード周りはごっそり無くなっていて配線がむき出し状態です。ハンドルの真ん中のホーンの部分も欠品だったのですが中を掃除してたらひょっこり出てきました!ウッドパネルがカッコいいです。

中には米の抜け殻(何故に??)やいろんなゴミ、埃、砂、泥などなど、かなり汚いのでまず掃除機で皆吸い取りました。ドアは閉まっていたのに何故に車内に砂が積もっているのか不思議です。シートを叩いたら16年間積もった埃がモウモウと舞い上がりました・・・。

P1000736.jpg

ある程度綺麗になったら泥を綺麗に拭き取っていきます。かなり汚れているシフトレバー周りです・・・。泥だらけ!しかし泥で汚れたウッドパネルや、拭く前は茶色かと思っていた汚~いサイドブレーキも拭いてみると・・・

P1000716.jpg

こんな感じに綺麗になりました!隅っこに多少砂が残ってますが。サイドブレーキは黒色だったのね・・・。

P1000717.jpg

カビ?が生えて黒ずんでいて見るからに不衛生そうなドアパネルもゴシゴシ拭いてみると・・・

P1000718.jpg

こんなに綺麗になりました!特に汚かった肘置き?とって?も綺麗に汚れが落ちました。この調子で5ドア全て拭きました。

P1000719.jpg

ルーフもナメクジが這ったような筋がついていたり、シミが多数ありましたが・・・

P1000724.jpg

結構落ちるもんですね。筋も分からないくらい綺麗に落ちました。このルーフの掃除は首と腕が痛くなりました・・・。

P1000726.jpg

綺麗になった車内。広いですね~。自転車1台楽々積めそうです。かなりフラット。それもそのはず、父がフラットになるように後部座席の下のシートを撤去して無いからです・・・。父に教えられて「そんなのあり!?」と思ったのですがこのグロリアは3列シートなんですね。後の四角い2つの枠がそうです。驚いたのはそのシートの方向でして、3列目は後、トランクの方を向くように座るんですね。酔いそうです・・・。

運転席後の後部座席のドアは、ロックを外すワイヤとドアノブが外れてるらしく開きません・・・。トランクも油圧シリンダーがへたってるので木のつっかえ棒をしないと固定できません。

P1000727.jpg

エンジンルームもコンプレッサーで落ち葉を飛ばして、生えてた笹を取り除いたら綺麗になりました。これで作業ができそうです。まずはスタータの確認ですね。これはまた後ほど。

その前に重大な事が発覚しました。父から詳しく聞いてみるとこのグロリアを処分する時、「一時抹消」ではなく「解体抹消」で処分したそうです・・・。詳しい人ならもうお分かりかと思いますが、「解体抹消」にすると車のデータは消えてこのグロリアはもうすでに16年前に消えたことになります。この世に存在しない、言わば幽霊みたいな車ですね。なので絶対に車検は取れません。無論公道復帰も不可能です。どうにもならない事実ですね・・・。

もっとキチンと父から聞いておくべきでしたね・・・。この計画性の無さは自分の最大の短所です・・・。浅はかでした・・・。さてどうしたものか・・・。せっかく引き上げましたし、貴重な直列6気筒ディーゼルエンジン、エンジンだけは直してみたいと思います。そのエンジン音を是非この耳で聞いてみたいです。

2010/02/10 Wed. 22:54 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 4

top △

雪だ~!! 

「雪積もらないな~」なんて言ってたらこの週末の寒波の影響で三重県にも雪雲が流れ込み、土曜日は朝から雪降りとなりました!

P1000713.jpg

朝は晴れてたのですが時々雪雲が流れてきて雪がパラパラっと降ってきました。そんなクソ寒いなかグロリアの作業をしてました・・・。風が猛烈で自転車が進まない!しかも吹雪で雪が痛い!!でもグロリアの置いてあるおじいちゃん家に着いてしまえば楽なもんで、家やポンプ車が風除けになって太陽も出てるしそんなに寒くなかったです。

お昼ぐらいになると結構雪が降ってきまして、道路が濡れるぐらい勢いよく降ってました。午後からはラジコンパーツの買出しに車で鈴鹿の方まで出かけたのですがもう雪が凄い!ドサドサ降って車に積もってる車もいました。津の方も同じで午後からは太陽も引っ込んで断続的に雪が降りました。

鈴鹿峠の監視カメラの映像を見てみるとやっぱり結構積もってました。昔はこの映像を見て雪見たさに自転車で出かけたこともありましたねぇ。今現在も積もってますが流石に今回は遠慮しときます(笑。

次の日曜日の朝には薄っすら雪化粧してました。1センチもないですね。でも積もったので嬉しかったです。数時間後には溶けて消えてしまいました・・・。

日本海側やアメリカなんかでも結構雪が凄いみたいですね。ニュースで雪崩が発生して大型観光バスが押し流されて車が埋まったり、ホテルの一階が埋まったとか大変そうですね。

話はコロッと変わりますが、明日は僕の通う学校の前期選抜当日です。「生徒は原則立ち入り禁止」と言う事で明日は休みで~す!僕も2年前に前期選抜を受けたのでその時のことはよく覚えています。自動車科のある工業高校に入りたくて自宅から、徒歩、自転車、電車、合わせて1時間以上かかる遠い?高校にしたので同じ中学の友達は僕を含め2人しかおらず、後は知らない人ばっかりで寂しかったですねぇ~。僕の通ってた中学はブレザーだったのですが、来ていたほとんどの子が学ランだったのでちょっと驚いたのを覚えています。

面接試験ではガチガチに緊張しましたよ(笑。お題で、目の前にミニカーを出されて「このミニカーを見てどう思いますか?」と聞かれてかなり予想外だったのでかなりパニクって、他の同じ面接の子達が「この車に乗っていろんな所にいきたい」と車のことを答えてましたが僕だけ「このミニカーは精巧に作られてますね~」とミニカーの事を答えてました(笑。答えながら「やっちまった!!」と思ってました(笑。

他にも集団面接ですから他の子達に今から言おうとしていた事を先に言われるんですよ。隣のやつがかなり積極的で、「あ~それ今から言おうとしてたんだよ!!なんで同じこと言うんだよ!!」なんて心の中で叫んでました(笑。さすがにまるまる同じ事は言えないので文章の順番を変えたり表現を変えたりして頭フル回転で考えてました。今となっちゃいい経験で、いい思い出ですね。

さてどんな1年生が入ってくるんでしょうね??楽しみです。

2010/02/07 Sun. 23:37 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

寒いねぇ~ 

今週は寒いですね。風が冷たく、外気もひんやりしてます。でも教室は男のみなので春が来た様に暖かいですが(笑。そのあまりの気温差にメガネのレンズが曇っちゃうほどです(笑。しかし待てど暮せど雪が積もりませんね・・・。寒いので雪がちらつくことはありますが一向に積もらないです。今シーズンはやっぱり無理かな??

今日、2月4日は立春だそうです。早いですね~。もう暦の上じゃ春ですよ。これからどんどん暖かくなっていくのでしょうね・・・。

で、昨日2月3日は節分でしたね。毎年のように自分が鬼役になって妹達に追いかけられました・・・。「鬼は外~!福は内~!」って豆を投げつけられましたがこれがなかなかヒットすると痛いんですよね(笑。昔は父が鬼役だったのにいつしか僕になりました・・・。これで鬼も逃げて今年も1年無事に暮らせることでしょう。

※投げて踏んづけたりしたり、外に落ちた豆はハトポッポにあげるそうです(笑。

豆まきの後は余った豆を自分の年の数+1粒食べました。個人的に自分の食べる量の17粒はちょうどいいくらいですが、お父さんやお母さんは40粒以上食べないといけないので大変そうでした(笑。逆に妹はたった?12粒しか食べられないので「もっと食べちゃあかんの~??」とねだってました(笑。

そう言えば話は変わりますが事故をしてから1週間ほど経ちましたが、最近打った右ひざが痛くなってきました・・・。なぜに今頃・・・。事故との関連があるのかどうかは定かではないですが、ここ最近でひざを打った事といえば事故ぐらいしかないのでやっぱりその影響でしょうかね??早く直ってほしいものです。

2010/02/04 Thu. 22:06 [edit]

Category: 日記

TB: 0  /  CM: 0

top △

マジで!! 

昨日の続きであります。信じがたい事実が判明しました・・・(汗。

P1000687.jpg

入り口は不味いのでダンプの間を縫うように進んでやっと車庫に着きました!これで移動作業はやっと終了です。おじいちゃん家の玄関前の空き地に置いておくことにしました。車体の下には湿気対策のためにゴム板を敷いておきました。サッと洗車もしておきました。竹の葉っぱがいろんな隙間から出るわ出るわ・・・。

P1000677.jpg

ペチャンコの元フロントタイヤをリアにはめておきます。スプリング保護のため、ブロックと木の「うま」を入れておきました。もともとあるフロントの方のジャッキアップポイントは腐り落ちていたので仕方なくバンパー下のフレームに噛ましました。日の当たり具合のせいで助手席側はかなり色あせてますね・・・。

P1000675.jpg

さてちょこっと改めて状態を確認します。
以前確認できなかった下回りは・・・結構しっかりしてますね。マフラーも大きな穴も見当たらず、しっかり付いていました。叩くと出口から錆がボロボロと落ちてきましたが・・・。なんか垂れてますが父曰くこれは「スペアタイヤを取り付けるもの」だそうです。ホンマかいな・・・。リアはトーションバーとリーフスプリングの至ってシンプルな仕組みなんですね。左右に伸びるワイヤはサイドブレーキのワイヤかな??

P1000678.jpg

硬~いボンネットを開けます。可動部に556を吹いたらスムーズに動くようになりました!立派な直列6気筒ディーゼルエンジンが顔を出しました。それにしても汚いですね・・・。竹の葉っぱまるけです。こりゃまず作業するなら大掃除をしてからですね。結構ゆとりがあるエンジンルームだと思いました。

内部の状態を確認するためにいよいよバッテリをつないでみます。とりあえずキーをひねってみると、キーはスムーズに回るようです。では端子を間違えないようにつなぎます。

P1000686.jpg

「チェックランプが点くか、点かないか、頼む、点いてくれ!ではイグニッションキーON!」。

「カチッ」・・・「お~光った!!点いた!点いたよ~!!」。

これは驚きました。まさか本当に点くとは思いませんでしたよ。内心、「16年間も雨ざらしだったから点かないだろなぁ~」と思っていたので。感動しました(笑。もの凄く嬉しいですね。この時期で例えるなら受験に受かった時のような、安心と嬉しさの混ざったなんとも言い表せない喜びですね。

よく見るとちゃんと光ってるんですよ、いろんな警告灯が。燃料の警告灯もちゃんと点灯してます。針もちゃんと振れました。シフトレバーの位置もちゃんと教えています。試しに他にもDレンジ、Rレンジとかにも入れてみましたがちゃんと反応しました。ただよく使うDレンジは球が切れているのか光りませんでした。

P1000685.jpg

喜び冷め止まぬうちに調子に乗ってさらにいろいろと確認。グロリア強し・・・。な、なんとこんなに生きてました・・・。電気系統はバッチリです!

ヘッドライトも、スモール、ロービーム、ハイビーム、パッシング、バッチリ反応します。ただ蛍の光ですけどね・・・。写真ではよく光っているように見えますが。ポロっと取れてたウィンカーもちゃんと点滅しました。ハザードもバッチリです。メーターパネルで確認すると音はか細いですが「カッチ・カッチ・・・」と鳴ってました。「→」マークも暗~いですが光ってました。他にも車内の時計も点灯しましたし、なんとクーラーまで掛かりましたよ・・・。ワイパーも動きました。

P1000682.jpg

後もご覧の通り。尾灯も点灯してます。後退灯も片方切れてますがちゃんと点灯してます。ボロボロな番号灯も片方しっかり点灯してましたよ・・・。

試しにクランキングもしてみます。

「これで回ったらホンマにビックリやな。はたして回るか??うりゃ!!」。

・・・流石にうんともすんとも言いませんでしたわ(汗。無理もないですね。ただクランキング時、チェックランプが若干暗くなったり明るくなったりしたのでスタータに電気は送っているみたいです。恐らくスタータが固着しているのでしょう。スタータを取り外して分解整備ですね。

P1000684.jpg

最後に一応、ブルーシートを被せておきました。これで少しは雨を防げるでしょう。

改めてグロリアの生命力?には驚きました。電気系統は一番心配していた場所でもあり、修理するのは厄介なので生きててくれて本当によかったです。流石にクーラーまで生きてるとは思いませんでしたよ(笑。とても16年間雨ざらしだとは思えなかったです。
今回協力してくれた父には感謝しています。さて、そんな父のためにも、春休みまでに「エンジン始動」までもっていきたいところです。

2010/02/01 Mon. 21:23 [edit]

Category: 430 グロリア (部品取り)

TB: 0  /  CM: 5

top △